歯が抜けてしまった場合における対処法を提示したデンタル情報支援サイト

>

抜けた歯を補う治療法とそれぞれのメリット・デメリット

抜けた歯を補うための治療法

歯が完全に抜けて欠落してしまった場合、抜けた歯を補うための治療法は、入れ歯・ブリッジ・インプラントの三つが挙げられ、それぞれ、入れ歯ならピンポイントから総入れ歯まで幅広く人工歯で抜けた歯を補ってくれますし、ブリッジの場合は欠けた歯と両隣の歯を削り人工歯のカバーで覆ってしまいます。

インプラントだと入れ歯やブリッジに比べて大がかりになり、歯の抜けてしまった箇所に人工の歯の根を埋め込むことで疑似的な歯の根から形成し、人工歯の根に人工歯を設置するという工程を要するため、歯を補うという点においては最も優れる一方、手術や施術の前提条件を整えるために治療を要する治療法であるという点で、入れ歯やブリッジとは、やや異なる治療法です。

歯の治療法ごとのメリット・デメリット

入れ歯・ブリッジ・インプラントは、いずれも歯の欠損を補うための治療法であるものの、基本的に治療方法が異なるため、個々のメリットとデメリットにも当然違いがありますので、歯が抜けた際に、歯科医との相談の上で、自分にとってベターな治療法を選ばなければなりません。

具体的には、入れ歯は残存歯に関係なく、抜けた歯のある個所をピンポイントで補える点と保険適用の歯科治療であることに加え、治療を受けやすく安価であるのがメリットであるのに対し、ブリッジやインプラントに比べ歯としての安定感に欠け、メンテナンスが必要であるのがデメリットで、ブリッジの場合、入れ歯に比べ安定性に優れ、保険適用ができる場合もある点がメリットとなり、残存歯を削る必要がある上、メンテナンスが欠かせないとうデメリットを持ち、インプラントは最も自然歯に近いのみならず、耐久性にも優れるメリットを持つものの、手術や費用負担がデメリットでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る