歯が抜けてしまった場合における対処法を提示したデンタル情報支援サイト

>

あまり知られていない抜けた歯が元に戻る可能性

抜けた歯を元に戻せるケースの治療法

基本的に歯が抜けてしまった場合、その原因が虫歯や歯周病といった口腔内の感染症ないし炎症に由来するのであれば、まず元には戻せませんが、事故や転倒による顔面の強打などによって歯と歯茎が外的なダメージを負った結果、歯が抜けてしまったケースは例外で、抜けた歯の保存状態と歯茎の状態次第では、歯を元に戻せる場合もあります。

これらの外的要因によって歯が抜けるケースは、歯の完全脱臼や不完全脱臼に類され、歯の完全脱臼、すなわち外的な要因で完全に歯が抜けてしまった場合や、外的な要因によるダメージから、歯が抜けてこそいないものの、ぐらつきやずれが生じてしまい、歯の不完全脱臼状態に陥った場合が挙げられ、直ちに歯科医院で歯の位置を元に戻す治療を受けることができるか否かが、歯が元に戻るかどうかの境目となりますので、是非ご留意ください。

歯が抜けてしまった際の応急処置

完全脱臼や不完全脱臼のような形で歯が抜けた際には、治療次第で歯が元に戻る可能性があるものの、治療スピードと歯の保全状況の良し悪しが治療の成否を分けると言っても過言ではないため、的確な応急処置と抜けてしまったり、欠けてしまったりした歯の保全が非常に重要となるでしょう。

基本的な応急処置として、歯の抜けた箇所からの出血があるなら、清潔なハンカチやタオルで止血するべきですが、それ以上の処置は難しいため、抜けてしまったか、欠けてしまった歯をきちんと保全することに努めるべきであり、歯についた汚れなどを洗ったりせずとも、集めた歯と歯の欠片を生理食塩水ないし牛乳に浸して保存すれば、十分な保全となりますので、歯の保全の後、歯の抜けた箇所が塞がらないうちに歯科医院へ向かい治療を受けるのが最善です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る